トップ

Wi-Fi機能搭載でカメラ機能が進化する! 高速性、動体への追従性に優れた新開発 「ファストハイブリッドAF」システム採用したソニーのミラーレス一眼カメラ2機種発売

家電チャンネル - livedoor ニュース2012年10月30日 16時41分

Wi-Fi機能搭載でカメラ機能が進化する! 高速性、動体への追従性に優れた新開発 「ファストハイブリッドAF」システム採用したソニーのミラーレス一眼カメラ2機種発売

ソニーは、有効約1610万画素の“Exmor”APS HD CMOSイメージセンサー、高速性と動体への追従性に優れた「ファストハイブリッドAF」システムおよび“α”として、初めてWi-Fi機能を搭載したレンズ交換式デジタル一眼カメラ“α”『NEX-5R』、『NEX-6』の2機種を発売する。


今回発売する『NEX-5R』、『NEX-6』は、コンパクトでスタイリッシュなボディにAPS-Cサイズの大型イメージセンサーと進化した画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」を搭載し、一眼カメラならではの高画質で美しいぼけ味や、きめ細やかな階調表現、低ノイズのクリアな静止画・動画撮影を実現します。また、レンズキットには、従来比長さ約50%、重さ約60%の薄型のパワーズームレンズを採用し、なめらかなズーム操作が可能。

『NEX-5R』は、「5シリーズ」の系譜を受け継ぎ、スタイルと先進機能に磨きをかけた機種。180度チルト可動式液晶モニターによる自分撮り、タッチパネル搭載による指先でのスムーズなメニュー選択、撮りたい被写体に画面上でタッチし、ピントを合わせてシャッターが切れる「タッチシャッター」を搭載している。

img_002

『NEX-6』は、先進の機能を搭載しながら、一眼カメラの画質・操作性にこだわった機種。「モードダイヤル」で露出/撮影モードの設定、「コントロールダイヤル」で撮影モードに応じた絞りなどの設定が可能で撮影者の意図を瞬時に反映できる。

また、視野率100%のXGA有機EL電子ビューファインダーを搭載し、ファインダーでとらえた映像をそのまま撮影でき、フラッシュ内蔵により夜景をバックに人物撮影など撮影の幅が広がる。

■Wi-Fi機能搭載により広がる可能性
Wi-Fi機能搭載により、写真の共有、鑑賞、保存が快適に楽しめる。友人や家族と共有したい写真を選んでスマートフォンやタブレットに転送したり、TVの大画面での鑑賞、PC保存などが可能。撮影後のソリューションがさらに広がる。

カメラをWi-Fi経由で直接、もしくはUSBケーブル接続によるPC経由でアプリケーションダウンロードサービス“PlayMemories Camera Apps”に繋ぐことにより、カメラに様々な機能を好みに応じて追加することができきる。“PlayMemories Camera Apps”では、カメラによる体験をより魅力的にする、カメラのためのアプリケーションを揃えることで、自分好みにカメラを進化させ、新たに撮る楽しみを広げていく。

どちらも11月16日発売予定だ。


ホームページ

http://news.livedoor.com/article/detail/7093719/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)