トップ

世界で一番美しい“ものまねプリンセス”福田彩乃「私は何でも屋」

MOVIE ENTER(ムービーエンター) - livedoor ニュース2012年10月16日 21時45分

グリム童話誕生200周年を迎えた2012年、名作「白雪姫」を基に、コンセプト、ビジュアル、ストーリーなどこれまでのイメージを覆した衝撃の“戦う白雪姫”伝説が誕生した。「アリス・イン・ワンダーランド」のスタッフが手掛けるアクション・ファンタジー・アドベンチャー超大作「スノーホワイト」は、全世界の女性たちを熱狂させた「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートと「モンスター」でオスカーも受賞したシャーリーズ・セロンの新旧大物女優の共演や、全米大ヒットの「アベンジャーズ」そして「マイティー・ソー2」の製作も決定したハリウッド屈指の肉体派俳優クリス・ヘムズワースなど、旬な俳優が総出演。今年6月に劇場公開されると2週連続1位1を獲得すると、早くも続編の製作が決定し、シリーズ3部作を予定している。

 10月17日のブルーレイ&DVDの発売を前日に控え、16日には本作の発売を記念したイベントが開催され、作品にちなみ女王ラヴェンナ役をイメージして芸能界のご意見番女王・美川憲一と、プリンセスのスノーホワイト役をイメージしてものまねプリンセス・福田彩乃をゲストに迎え、バトルを繰り広げた。

 魔女をイメージした衣装で登場した美川は、ステージ上の鏡に向かって「鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰?…もちろん私よ。」と自問自答。すると、どこからともなく声が聞こえ、「はい、それは女王様です。ただ、それも今日限り。世界で一番美しいのは、は〜い、あたし、ローラだよ〜。」と持ちネタを披露しながら、純白のウェディングドレスをまとった福田が登場した。

 本作について、美川は「白雪姫って可愛い作り話の世界じゃないですか。それが戦いに行く、すごく力強い白雪姫になってるのよね。それで、お金が掛かってる!日本の映画はあそこまでお金を掛けられないから、すごいなというのと、やっぱりシャーリーズ・セロンがすごい! もう美しさと醜さと怖さとがメリハリがあって、すごく良かったです。演技が上手くないとあそこまでいかないと思う。オスカーを獲った『モンスター』も観て『スノーホワイト』も観たから、彼女のスゴさを改めて感じましたね。スノーホワイトは、戦いに行く時の顔がすごいわね。女王様の方は逆に崩れていって、若いエキスをもらって、すごいのよ。テンポがあって、楽しいストーリーでしたね。」とラヴェンナ女王役のシャーリーズ・セロンを絶賛。

 対する福田は「まさに“ザ・女の壮絶な戦い”という感じだったんですけど、とにかく映像がとてもすごく綺麗だった印象を受けて。もちろん女性の怖さとか醜さもあったんですけど、映像が綺麗だからこそ、より女性の美しさが観れた感じで、見応えがありましたね。」と映像美を語った。

  
綾瀬はるか        吉高由里子         ローラ 

 ここで、ステージ上に用意された“全ての正解を伝えてくれる魔法の鏡”に向かって美川が問い掛けると、鏡の精に扮した福田がものまねで回答。「芸能界で、この人は美人だなと思う人」との質問に対しては、「女王様、私にございます。橘咲でございます。」と綾瀬はるかのモノマネで回答。現在ドラマ「結婚しない」に出演中の福田に対し、美川が「あなたはものまねでずっとやっていくつもりなんですか? それとも女優を志しているのか、お言い!」と突っ込むと、「私は何でも屋で、最後はハイボール飲もうかなと思ってます!」と吉高由里子のものまねで対応。「コイツだけは嫌、乗り越えたいわというのはあるかしら?」と更に突っ込まれると、「うーん、そうだねぇ〜。とりあえず先輩はみんな優しいから大丈夫だよ。バイバーイ。」と再びローラのものまねで逃げた。

 → 

 続いては、魔女の毒リンゴを食べて眠りにつく白雪姫にちなみ、リンゴの皮むきバトルを行うと、福田に軍配。最後は本作について、美川が「スピード感があって、おとぎ話の世界を超越して非常に面白く、楽しく、家族とか恋人同士で楽しめる、すごくよく出来た映画だと思います。白雪姫の美しさと、戦っていく姿と、女王様の若いエキスをもらって、永遠に美しくいたいという。それが段々崩れていく姿が非常に面白い、考えさせられる映画でもあります。それと『アリス・イン・ワンダーランド』のスタッフの皆さんが手掛けているから、衣装がすごくゴージャスで。妖精の森が本当におとぎ話の世界のような感じでしたねー。」とコメント。

 福田は「おとぎ話の白雪姫がしっかりとベースにあって、だけど180度変わったスノーホワイトが観られるので、面白くなってます。映像がとにかくすごく綺麗で、女性の美しさとかが本当に画から沸き出ているので、是非女性の方にも観て頂きたいと思います。」と締めた。

 “戦うプリンセス”VS“美魔女”、究極の美の競演の結末を、是非あなたの目で見届けてもらいたい。MOVIE ENTERの特集ページでは、スノーホワイト総選挙「この世で一番美しいのは誰?」を開催中。スノーホワイトとラヴェンナのどちらが美しいか投票しくれた方には、抽選で『スノーホワイト』ブルーレイ+DVDセットをプレゼント。清く正しく美しい一票を!

http://news.livedoor.com/article/detail/7050549/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)