トップ

ホラー映画史上、最高レベルの“超絶美少女”に興奮! 『パラノーマル・アクティビティ4』絶叫本編映像が公開

MOVIE ENTER(ムービーエンター) - livedoor ニュース2012年11月07日 11時30分

ホラー映画史上、最高レベルの“超絶美少女”に興奮! 『パラノーマル・アクティビティ4』絶叫本編映像が公開

『フェノミナ』のジェニファー・コネリー、『テキサス・チェーンソー』のジェシカ・ビール、そして公開予定のリメイク版『キャリー』まで、ホラー映画といえば美少女や美女の絶叫がつきものだ。現在公開中の大ヒット・ホラーシリーズ最新作『パラノーマル・アクティビティ4』でもそれは同様。ところが、本作に登場する美少女が尋常ではないと、公開直後からもっぱらのうわさとなっている。

 その美少女こそ、本作の主人公・アレックスを演じたキャサリン・ニュートン。人気シリーズだけあり、本作のキャストは何千という応募者の中からオーディションで選ばれた。その中で主役の座を勝ち取ったのが若干15歳の彼女。金色に輝く美しい髪、青い瞳、そして透明感のあるきめ細やかな白い肌。ホラー映画史上最高レベルと言ってもなんら差し障りのない、超絶美少女なのである。
 
 そんな彼女が絶叫する、本編映像が公開されたのでご覧いただこう。



 映像では、手持ちカメラでアレックスの絶叫顔を、常にアップで捉えている。一方で、固定カメラに写る、不気味な女性の影…。さらに車庫に閉じ込められ、不気味な音にまたも絶叫するアレックス。その後の彼女の安否が気になるところだ。そして、映像の怖さもさることながら、超絶美少女の絶叫顔には、恐怖とは別の意味で興奮がする方も多いはずだ。この映像以外の本編でも、アレックスがウェブカメラに語りかけるシーンや、ショートパンツ姿で寝そべる色っぽいシーンも満載とのこと。これには期待せざるを得ない。

 本作の共同監督の一人であるヘンリー・ジューストは「彼女はとても面白く、活発な子で、さらにティーンエイジャーです。映画ではティーンエイジャー役はもっと年上の役者が演じていることが多いため、我々としては本当のティーンエイジャー演じてもらいたかったんです」と語り、製作のジェイソン・ブラムも「彼女は素晴らしかったので、早めに主役を決めました。実際にまだ高校生である彼女は、本作を観る同年代の観客が共感できる子だと思ったからです」と語るなど、一貫して多感な少女の生々しい反応を描写することにこだわった本作。少女の部分と、大人の色気を絶妙に併せ持つ彼女だからこそ、製作者が主演に抜擢したのだろう。ホラー映画での活躍を経て、女優として羽ばたくことも多い映画界で、キャサリン・ニュートンも今後活躍が期待される存在である。ぜひ映画館の大画面でその魅力をチェックしたいところ。

 映画の舞台は、2006年にカリフォルニアで起きた2つの謎の未解決事件から5年後の2011年11月、ネバダ州郊外。閑静な住宅街に住む一家に、隣人が引っ越してきてから原因不明の謎の現象が起こり始める。『パラノーマル・アクティビティ2』で失踪したケイティとハンターに関する新たな真相が描かれており、全てがつながる第4の映像に注目が集まっている。超絶金髪美女の絶叫ぶりもさることながら、世界に絶叫を巻き起こしてきたシリーズの“謎の真相”も気になるところだ。

『パラノーマル・アクティビティ4』は全国公開中

『パラノーマル・アクティビティ4』 - 作品情報

http://news.livedoor.com/article/detail/7116877/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)