トップ

社長の炎上騒動から僅か10日、「ZOZOTOWN」の方針転換にユーザは驚嘆

トピックニュース - livedoor ニュース2012年10月31日 20時00分

社長の炎上騒動から僅か10日、「ZOZOTOWN」の方針転換にユーザは驚嘆

31日、人気通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは、11月1日からの配送料を完全無料化すると発表した。

「ZOZOTOWN」といえば、20日に前澤友作社長が、その送料について「1050円なくせに送料手数料入れたら1750円とかまじ詐欺やろ〜ゾゾタウン」とツイッター上で批判したユーザーを下記のように一喝し、炎上したばかり。
詐欺??ただで商品が届くと思うんじゃねぇよ。お前ん家まで汗水たらしてヤマトの宅配会社の人がわざわざ運んでくれてんだよ。お前みたいな感謝のないやつは二度と注文しなくていいわ
この発言が原因で、ユーザーから失望の声が挙がり、21日、前澤社長はツイッター上で謝罪をしている。

この炎上騒動から僅か10日――、「完全無料化」ニュースが報じられると、ツイッターでは、「これってアノ事件がきっかけだろうか?」「これの宣伝のため社長わざとキレただろw」と勘ぐる声が続出した。

また、ネット掲示板上では「あんなに無料化についてマジギレしてたのに無料化するのかよ」「おいおいwあれだけ言っておいて無料化すんのかよw」と、急なサイトの方針転換に驚くユーザから、「ZOZOTOWNが動いた!」「すごい!ピンチをチャンスに変えたね!!」「配送料無料はかなりいいと思う」と、そのフットワークの軽さを称賛するユーザまで、多くの反応が見られた。

http://news.livedoor.com/article/detail/7098322/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)