トップ

コロンビアで強盗に襲われた日本人ブロガー、その壮絶手記を公開

トピックニュース - livedoor ニュース2012年11月07日 11時47分

コロンビアで強盗に襲われた日本人ブロガー、その壮絶手記を公開

世界の温泉地を巡っている、ある日本人ブロガーが、コロンビアの首都ボゴタで強盗に遭った壮絶な体験を、事件の翌日=5日にブログやツイッターで報告し、話題になっている。

同市の市街地を散策していたブロガーが、坂の上にある教会を目指して歩いていた時に事件は起こった。道で通りすがった女性とあいさつを交わし、散策を楽しんでいる最中、肩を叩かれて振り返ると、額に銃口を突きつけられ、男たちに羽交い締めにされたという。

絶体絶命と思ったその時、会話を交わした女性が駆けつけてきてくれたが、「助かった」と思ったのも束の間、その女性は、ブロガーのカバンを奪いはじめたという。あいさつを交わした女性は、襲撃した男たちの一味だったのだ。

ブロガーは、時計と服以外は身ぐるみはがされ地べたに転がされ、さらには何度か蹴られたという。強盗が去った後、近所の人や教会の人に声をかけられたが、その一方で、警察はブロガーが重傷でないとわかるや、途端に捜査する気を無くし、何を盗まれたか、犯人についてすら聞かれなかったという。

ブロガーは、ほかの人が同じ目に遭う可能性を避けるためにも、この壮絶な体験をブログにしたため、注意を喚起した。だが、その一方で、自身の旅を断念することも示唆しており、そのブログやツイッターには激励のコメントが寄せられている。

http://news.livedoor.com/article/detail/7118057/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)